訪問介護 食事

訪問介護の中でも利用者の食事の準備などはヘルパーの重要な仕事です。
利用者のために作り料理は
手軽に作れる
栄養面も気をつけなければなりない
など注意することもたくさんあります。
しかし、せっかく一生懸命に料理を作っても
「まずい」
「今日は食べたくない」
など言われることもよくあります。
訪問介護ヘルパーが「利用者の食事の準備で利用者の体調や要望に合わせて食事を作る必要」があります。
料理を作るときは、利用者の好みを細かく聞いたり、一緒に作るのも楽しいです。
また、栄養バランスを考えているレシピ本を持っていくと便利です。

そこまで一生懸命に利用者のために食事を作っても、困ることも多いのが訪問介護のヘルパーがする食事の準備でもあります。

訪問介護で食事の作り置きを頼まれたら?

訪問介護 食事 作り置き
ある程度は多めに作れても、そこは限られた時間内でしか料理ができないのが現実です。
ですから、利用者から料理の作り置きを頼まれても答えられないケースがほとんどではないでしょうか。
訪問介護において利用者さんに不意に頼まれたことについて、ヘルパーができることか、できないことか悩んだ経験はあると思います。
基本的に介護ヘルパーは、ケアプランに書かれていないサービスを提供できません。
そんなことは頭ではわかっていても実際に利用者さんにサービスを提供していると断るのが辛く感じることもあると思います。
しかし、介護ヘルパーは「できること」「できないこと」をしっかり把握し、利用者さんにも説明できるようにしておかなければなりません。
そうしないと利用者さんやその家族とのトラブルに発展してしまったり、生活に悪い影響をおよぼしてしまったりする場合があります。

宅配の介護食や自費での家事代行サービスならばできることしか伝えられないのが心苦しいですよね。

訪問介護で利用者と一緒に食事作りをすると困ること

訪問介護 食事作り 一緒に

訪問介護で利用者さんとヘルパーが一緒に食事を作ることは利用者さんの自立を促す意味でも良いことだと思います。
しかし、それでよく困るのが
「さあ、できたわよ。一緒に食べましょう」
と誘われることです。
はりきって作った利用者さんの料理なのですが、介護ヘルパーは売っ所に食べることはできません。
「あくまでこれは利用者さんのために作った料理」なのですが、高齢者にはそのあたりが理解できないことも多いのです。

一緒に食べられないことがわかると、作った惣菜などをラップやタッパーに入れてヘルパーに持ち帰らせようとする利用者さんもいるくらいです。
下手にわざと「料理を持ち帰ること忘れたふり」でもすると怒りだす利用者さんもいます。

一緒に作った料理をヘルパーに持ち帰らせようと利用者さんに対して

おばあさん

食べていく時間がないのなら、持ち帰りなさいね。

介護ヘルパー

申し訳ありませんが規則なんもでいただけません。

おばあさん

誰にも言わないからわからないよ

介護ヘルパー

では失礼します
※わざと忘れたふりをして

怒る女性利用者

せっかく持って帰ってといっているに失礼な人だね!

せっかくの厚意を踏みにじられたように感じた利用者さんは怒りだすかもしれません。
そんな時にはこんな言い方もいいかもしれません。

声かけがうまい介護ヘルパー声かけがうまい介護ヘルパー

お気持ちだけ頂きます。
最近、行政のほうがとても細かいことを言ってくるんです。
持ち帰ったことがわかれば、もう私がこちらに伺えなくなるかもしれません。
それでは私も困りますから・・・

声かけがうまい介護ヘルパー声かけがうまい介護ヘルパー

これから他の方の訪問なんです。
持ち歩く時間が長いとせっかくのお料理が傷んでしまって無駄になってはもったいないです。
食べ物は大事にしないといけないっていつも◎◎さんもよく言ってらっしゃいましたよね。

訪問介護でヘルパーが食事を利用者宅に持ち込み、ケアマネやサービス責任者から叱られる

訪問介護でヘルパーが食事を利用者宅に持ち込み、ケアマネやサービス責任者から叱られる

利用者さんの食事
家族が用意したスーパーの総菜を温めて配膳するだけ・・・
そんな場合もよくあります。
ある程度、長い期間にわたって訪問介護で通っている利用者さんには情も移ってきてしまうこともあります。
そこで、「介護ヘルパーが料理を持ち込んで食べさせてあげたい」と思うことあるでしょう。

しかし、これは介護ヘルパーができるのはケアプランに書かれていることしか提供できません。
ですから料理の持ち込みはできないのです。
心優しいあなたなら利用者にはわからないようにそっと持ち込んだ料理を追加してあげるかもしれません。
でも、それが他の介護ヘルパーとのトラブルにもなりかねません。
その利用者があなた以外の介護ヘルパーの作った料理に
「◎◎さんはもっとたくさん作ってくれたのに・・・」
と不平不満をいう可能性もあります。

原則的にどの介護ヘルパーも同じサービスが行えないと問題になることがあります。
正直、サービス責任者やケアマネは杓子定規なことばかり言うものです。
訪問介護ヘルパーは時には「仕事」として割り切りらなければならないことも多いのです。

訪問介護の食事の準備で毎回同じ料理を希望する利用者に困らされる

訪問介護の食事の準備で毎回同じ料理を希望する利用者

高齢になってくるとまるで子供のように同じ料理を希望してくる利用者さんもいて、それに困らされる訪問介護ヘルパーもいます。

このあたりは介護ヘルパーが自分だけで判断することなくケアマネやサービス提供責任者とも相談して考えていかないといけません。